NEWSニュース記事

日本植物形態学会・日本植物学会にて8件発表します。

2015年8月27日

2015年9月の「日本植物形態学会第27回大会・総会」と「日本植物学会第79回大会」にて当社が研究開発(共同研究を含む)した成果が8件発表されます。農業・植物×ITの分野は弊社が力を入れている領域の一つであり、植物の成長解析ソフトウェア「LP-growth」も販売しております。なお、日本植物学会第79回大会は弊社も協賛しております。

 

日本植物形態学会第27回大会・総会 (新潟コンベンションセンター) 2015/09/05

◯澤木史江、小林恵、盛一伸子、佐藤繭子、朽名夏麿、豊岡公徳、永田典子。茎頂・葉原基のオルガネラ分化及び温度ストレスの影響に関する広域TEM像解析。
◯楠瀬祥子、小林恵、澤木史江、佐藤繭子、桧垣匠、朽名夏麿、豊岡公徳、永田典子。シロイヌナズナ子葉のエチオプラストから葉緑体に至る形態変化の解析。
◯豊岡公徳、佐藤繭子、若崎眞由美、橋本恵、小林恵、澤木史江、朽名夏麿、永田典子。電顕アトラスの構築と活用: シロイヌナズナ。

 

日本植物学会第79回大会 (新潟コンベンションセンター) 2015/09/06-08

◯朽名夏麿、馳澤盛一郎。顕微鏡画像群のためのクラスタリング法の開発。1aD09
◯佐野行己、朽名夏麿、馳澤盛一郎。BY-2細胞における表層微小管再形成過程の画像定量解析。3aD03
◯桧垣匠、今村寿子、秋田佳恵、朽名夏麿、馳澤盛一郎、三浦岳。シロイヌナズナ葉表皮細胞における細胞壁湾曲機構の解析。3aD06
◯楠瀬祥子、小林恵、澤木史江、佐藤繭子、桧垣匠、朽名夏麿、豊岡公徳、永田典子。暗所発芽シロイヌナズナ子葉におけるエチオプラストから葉緑体に至る色素体形態変化。P-123
◯澤木史江、小林恵、盛一伸子、佐藤繭子、朽名夏麿、豊岡公徳、永田典子。広域TEM像取得法を用いたシロイヌナズナ茎頂における気温変化に伴うオルガネラ異常の解析。P-124

 

学会会場でお打ち合わせをご希望の方はお問い合わせ下さい。
>>https://lpixel.net/contact/

 

これからもエルピクセルでは農業・植物×ITの分野での研究開発を進めてまいります。