NEWSニュース記事

植物細胞に関する九州大学・東京大学との共同研究成果を発表いたしました。

2016年4月11日

【2016.04.11掲載】

2016年4月7日、エルピクセル株式会社は九州大学・大学院医学研究院ならびに東京大学・大学院新領域創成科学研究科の研究グループとの植物細胞に関する共同研究の成果を発表いたしました。

本研究では、植物の葉の表皮で見られるジグソーパズル状の細胞(表皮細胞)の形がどのようにできあがるのかという問いに対して、応用数学、生理学的実験そして画像処理を組み合わせたアプローチで挑みました。これにより、細胞を仕切る壁(細胞壁)の合成と分解の関係を界面方程式という数学的モデルで表現し、コンピュータシミュレーションによって細胞の形づくりの様子を再現することに成功しました。

160325_pr_fig

本研究にて弊社は、顕微鏡撮影から得た細胞の画像からの細胞壁の湾曲の大きさと周期の測定や、細胞のつなぎ目の部分の角度測定などの画像処理を用いた定量的解析によって、実験とシミュレーションの橋渡しを担いました。

尚、本研究の発表論文は以下のとおりです。

PLOS Computational Biology 誌 12 巻 3 号 e1004833 (2016年 4 月 7 日)
A theoretical model of jigsaw-puzzle pattern formation by plant leaf epidermal cells.
Higaki T, Kutsuna N, Akita K, Takigawa-Imamura H, Yoshimura K, Miura T.
doi: 10.1371/journal.pcbi.1004833

http://journals.plos.org/ploscompbiol/article?id=10.1371/journal.pcbi.1004833

エルピクセル株式会社では、今後も科学研究のための画像解析手法の開発を積極的に進めてまいります。

 

▼PLOS Computational Biology 誌 12 巻 3 号 e1004833

http://journals.plos.org/ploscompbiol/article?id=10.1371/journal.pcbi.1004833