NEWSニュース記事

ISMTE が運営する編集者向けジャーナルに弊社代表とCTOが執筆した論文が掲載されました。

2016年5月26日

【2016.05.26掲載】

2016年5月1日、ISMTE が運営する編集者向けジャーナルに弊社代表とCTOが執筆した論文が掲載されました。「Detection of Image Manipulation and Plagiarism in Life Sciences Research」と題し、ライフサイエンス研究におけるイメージング技術の役割や弊社研究画像不正自動検出システム「LP-exam」シリーズの開発背景・機能について詳しく紹介されております。

スクリーンショット 2016-05-26 17.14.37

ご興味ある方は是非ご覧下さい。

 

▼ISMTE「Detection of Image Manipulation and Plagiarism in Life Sciences Research by Yuki Shimahara and Natsumaro Kutsuna」

http://www.ismte.org/page/EONMay2016

Article title: “Detection of Image Manipulation and Plagiarism in Life Sciences Research”

Authors: Yuki Shimahara and Natsumaro Kutsuna

Publication date: May 1, 2016

Volume 9, Issue 4, page 16

Article DOI: http://oi.org/10.18243/eon/2016.9.4.5

Currently, one of the most frequent reasons for retraction is due to image fraud. LPixel, a life sciences image analysis company, has developed a new, freely available tool to detect image manipulation called LP-exam. Yuki Shimahara and Natsumaro Kutsuna discuss the applications of LP-exam and the need for continued education to prevent image fraud.