NEWSニュース記事

「日経産業新聞」にて、弊社病理診断支援システム開発への取り組みが掲載されました。

2016年8月25日

【2016.08.25掲載】

2016年8月25日付の「日経産業新聞」にて、弊社病理診断支援システム開発への取り組みが掲載されました。

弊社は、経済産業省「平成28年度戦略的基盤技術高度化支援事業」にて、株式会社TCK他との協同プロジェクト「レーザーアブレーション技術を用いて生体組織の構造解析を高速かつ低価格で実現するナノレベル3D構造解析システムの開発」が採択されました。長年のバイオメディカルイメージング分野の研究で培ったノウハウを十分に活用し、世界初生体組織の立体構造情報と人工知能を活用する病理診断支援システムの開発を進めてまいります。

尚、本システムの機能の詳細は、下記プレスリリースをご覧下さい。

https://lpixel.net/2016/08/25/3193/

エルピクセルでは今後も、研究開発と事業を加速させてまいります。

▼経済産業省「平成28年度戦略的基盤技術高度化支援事業」にて生体組織の立体構造情報と人工知能を活用する病理診断支援システム開発プロジェクトが採択されました。

https://lpixel.net/2016/08/25/3193/