NEWSニュース記事

経済産業省によるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」に選出

2018年6月13日

2018年6月11日(月)、エルピクセル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:島原佑基、以下「LPixel」)は、経済産業省によるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」に選出されました。本プログラムは今年度から新たに実施されるもので、「グローバル市場で急成長し、日本のイノベーションを牽引する可能性を持つベンチャー企業」として、弊社をはじめ92社が選ばれました。

【「J-Startup」について】
「J-Startup」は、経済産業省が JETRO(日本貿易振興機構)、NEDO(新エネルギー・産業技術綜合開発機構)らと共同で運営するスタートアップ支援プログラムです。有識者が推薦したスタートアップ企業を「J-Startup企業」として選定し、大企業やベンチャーキャピタル、アクセラレーターなどの「J-Startup Supporters」とともに、海外展開も含め官民一丸となって集中的にサポートします。GITEX FUTURE STARS、WebSummit、SLUSH、Consumer Electronics Show、SXSW などの訪問・出展ツアーへの招致、JETRO海外事務所に設置されるグローバルアクセラレーション・ハブの利用、大企業や省庁とのビジネスマッチング等が予定されています。

「J-Startup」公式サイト:https://www.j-startup.go.jp/


【エルピクセル株式会社について】
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持つ東京大学発のベンチャー企業です。医療・製薬・農業などのライフサイエンス領域に対して画像解析技術とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウエアを開発してきました。現在、東京大学や国立がん研究センターをはじめ複数の医療機関と連携し、人工知能を活用した医療画像診断支援の研究開発を進めています。

【本件に関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社 広報担当
TEL:03-6327-3992   Email:pr@lpixel.net