COMPANYメンバー

Members

  • 島原 佑基CEO & Founder

    AWARD
    iGEM 銅賞
    INTERVIEW
    画像診断」で医療現場に革新を与えるエルピクセルの野望(Forbes Japan)」

    東京大学大学院修士(生命科学)。大学ではMITで行われる合成生物学の大会iGEMに出場(銅賞)。研究テーマは人工光合成、のちに細胞小器官の画像解析とシミュレーション。グリー株式会社に入社し、事業戦略本部、のちに人事戦略部門に従事。他IT企業では海外事業開発部にて欧米・アジアの各社との業務提携契約等を推進。2014年3月に研究室のメンバー3名でエルピクセル株式会社創業。”始動 Next Innovator 2015(経済産業省)”シリコンバレー派遣選抜。”Forbes 30 Under 30 Asia(2017)”Healthcare & Science部門のTopに選ばれる。

  • 朽名 夏麿CTO

    AWARD
    世界コンピュータ将棋選手権 第2位
    平成19年 日本植物学会 若手奨励賞

    INTERVIEW
    科学研究の現場に画像解析・人工知能技術を提供していくために

    東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士課程修了。博士(生命科学)。現在、同研究科 特任准教授。平成13年度未踏ソフトウェア創造事業(IPA)に課題「物理化学を駆使した半経験的汎用細胞シミュレーション環境の開発」で採択。平成14年から平成25年まで世界コンピュータ将棋選手権にチーム「大槻将棋」として連続出場(最高第2位)。平成19年 日本植物学会 若手奨励賞。平成20年 第8回バイオビジネスコンペJAPAN 審査員特別賞。

  • 湖城 恵Co-Founder

    東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士課程修了。博士(生命科学)。学部から一貫してライブイメージング研究に従事。博士課程からは画像処理技術の開発にも着手。主な研究対象である植物培養細胞に加え、共同研究では陸上植物やショウジョウバエ等の画像処理を担当。研究の質と顕微鏡画像の美しさが評価され、複数の発表論文が国際誌の表紙を飾る。現在、日本学術振興会特別研究員 (PD) として画像処理技術の開発に従事。

  • 相阪 有理Chief Engineer

    東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。平成13年度未踏ソフトウェア創造事業(IPA)に課題「物理化学を駆使した半経験的汎用細胞シミュレーション環境の開発」で採択。数理物理学で博士号取得後、サンパウロ州立大学(ブラジル)、ドイツ電子シンクロトロン研究所(ドイツ)にて超弦理論の研究に従事。のちに現職。

  • 長野 智晃Chief Engineer

    東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻 平成20年博士課程退学。同年、株式会社フィックスターズ(平成26年マザーズ上場)<入社し医療画像処理プログラムの高速化に従事、のちにプロジェクトリーダーを務める。その他、車載向け画像処理システムの開発に加え、電子顕微鏡、質量分析計、分光光度計などの計測器向けソフトウェアの開発に携わる。のちに現職。

  • 菅原 皓Chief Engineer

    東京大学大学院博士(薬学)。薬剤師。一分子蛍光顕微鏡法を用いた細胞内mRNAのナノスケール局在・運動解析に従事。東京大学ライフイノベーション・リーディング大学院および東京大学医療イノベーションイニシアティブ修了。東京大学特任研究員。

  • 王 光輝Engineer

    横浜国立大学大学院修士(工学)。中国大連理工大学ソフトウェア工学部卒業後、保険システムや地図システム等の大規模システムの開発に3年従事。その後大学院では画像修復、モノクロ画像カラー化の研究を行う。修了後は凸版印刷(株)にてICカード発行システムの開発に従事。

  • 木田 智士Engineer

    AWARD
    『Radiological Physics and Technology 優秀論文土井賞』受賞(2013年)。

    東京大学工学部 物理工学科卒。東京大学大学院医学系研究科 生体物理医学専攻にて博士(医学)取得。 東京大学医学部附属病院 放射線科, William Beaumont Hospital, University of California, DavisにてCT画像再構成・線量最適化の研究に従事。研究テーマは、医用画像工学全般。『Radiological Physics and Technology 優秀論文土井賞』受賞(2013年)。資格は、医学物理士、第1種放射線取扱主任者等。日本医学物理学会会員。

  • 上坂 高寛CMO

    首都大学東京 産業技術大学院大学修了(情報システム学修士)。Network-on-Chipの最適化に関する研究を行い、テーマはOASIS Network-on-Chip Topology Optimization with Short-Path Link。(株)アイスタイルにて課金事業の立上げ、新サービスの開発、自社メディアの共通認証基盤の構築などに従事。のちに現職。

  • 龍 嘉治Doctor and Researcher

    東京医科歯科大学大学院博士(医学)。中国清華大学学士(計算機)および東京大学大学院修士(電子工学)を修了しソフトウェア開発にも精通。国家医師免許、放射線診断専門医、核医学専門医、PET核医学認定医、マンモグラフィー読影認定医、肺がんCT検診認定医、胃がんX線検診資格、ECFMG、人間ドック健診専門医。非常勤でクリニックにて人間ドック健診に従事。

  • 髙橋 真利子Medical Business

    カナダ・バンクーバー出身。ブリティッシュコロンビア大学(UBC)で農学部の栄養学を専攻。卒業後に来日し、日系企業にて人材採用や社内翻訳業務に関わる。後にIT企業に入社し、グローバルマーケティングを中心とした業務、また日英・英日文のローカライズを担当。現職では海外事業開発に従事。

  • 小林 正明Director, Medical Business

    東京大学工学部物理工学科卒業。富士通にてデジタル回路設計に従事。富士フイルムに転じて医療用デジタルX線装置(FCR)の開発に従事、その後米国駐在中FCRの営業技術活動を推進した際に医用画像情報システム(PACS)の市場性を知る。帰国後、国内の販売会社である富士フイルムメディカルに移り、PACS事業の立ち上げと事業拡大を推進し11年間取締役として勤務。のちに現職。

  • 豊則 詩帆General Manager, Medical Business

    東京大学大学院修士(環境学)。(株)リコーにて、MFPや高速印刷機の制御ソフトウェアの設計開発に従事。その後、ヘルスケア事業の立ち上げのため、事業戦略策定、および企業向け健康管理サービスの企画・マーケティングに従事。のちに現職。

  • 登内 亜弥Project Manager, Research and Development

    金沢大学医学部中退、中央大学法学部法律学科卒業後、早稲田大学大学院法務研究科退学。研究テーマは、医療過誤訴訟における無過失補償制度。IT企業に入社し、人事系システム開発部門にてプログラマー、のちにERPパッケージ企画開発部門にてプロジェクトリーダーを務める。出向先ではプロジェクトマネージャーとして大規模クラウドサービスの新規事業企画からリリース・運用保守まで一貫して携わる。のちに現職。

  • 志村 宏明General Manager, Corporate

    上智大学理工学部(機械工学専攻)卒業。総合商社にて営業・マーケティング、全社企画部門にて全社・事業戦略策定から実行支援に従事。その後、ITベンチャーにて海外事業開発、経営企画・管理部門及び人事・広報部門の責任者として従事。のちに現職。

  • 榊原 章之Engineer

    京都大学大学院修士(情報学)。大阪大学工学部卒業。研究テーマは太陽光発電の普及シナリオの作成。その後、京都大学大学院情報学研究科にて、都市での交通渋滞の緩和のための信号制御に関する研究を行う。のちに現職。

  • 後藤 良輔Engineer

    早稲田大学理工学部4年次退学(情報科学)。研究テーマはニューラルネットワークと微分幾何学。独学で美術を学ぶ。株式会社エムティーアイ、株式会社jig.jpなどに勤務。アプリケーション開発、UIデザインに10年以上関わっている。また、2009年よりScrum Alliance認定スクラムマスターとしてアジャイル開発の実践を行っている。ソフトウェアエンジニア。

  • ヤシキラ デメトロEngineer

    Dmytro earned his computer science degree with honours from Brock University in Canada. During his undergraduate studies, he worked as a research assistant on a project in Mineral identification and Edge identification in Petrographic images using Genetic Programming. Following that, he worked as a freelancer and software developer for a number of startups, specializing in Node.js and iOS development.

  • ショパン アントワンChief Engineer, Medical Business

    ベルギーUniversité Catholique de Louvain (UCL)コンピューター工学卒。東京工業大学物理情報工学専攻修士。ベルギーIBA本社在職中、米MGHで陽子線治療装置のソフトウェア開発に従事。その後来日し、GEヘルスケア・ジャパン株式会社に入社。MRI画像装置のソフトウェア開発に携わる(ソフトウェア・アーキテクト)。同社でPACS画像ビューワーの開発チームを日本で立ち上げ、テックリードを務める。のちに現職。

  • 河合 宏紀Engineer

    東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士課程修了。博士(生命科学)。研究テーマは神経幹細胞の未分化性維持機構の解明。大学ではMITで行われる合成生物学の大会iGEMに出場(銅賞)。日本学術振興会特別研究員 (DC1) 、東京大学薬学系研究科特任研究員として、神経幹細胞の研究に従事。のちに現職。

  • 宮本 直Engineer

    東京医科歯科大学大学院修士(医科学)。東京大学大学院総合文化研究科博士課程退学。臨床検査技師。平成25年から平成28年まで学術振興会特別研究員(DC1)として「iPS細胞樹立とダイレクトリプログラミングにおける細胞状態遷移アトラクターの解明」の研究を行う。個人事務所を設立し、データ分析や画像処理ソフトの開発に従事。その後、現職。平成24年 Oxford Journals – Japanese Society for Bioinformatics Prize。

  • 小池 進CIO, Corporate

    新潟大学理学部物理学科卒。富士通にて金融のシステムエンジニアとして情報系システムの開発及び顧客サポートに従事。企画部門に異動した後、ソフトサービス部門の中期事業計画策定、IR、およびシステム部門の開発における生産性向上に向けた改革などに携わる。情報システム部門の責任者としてISMS認証取得推進、システム開発全般に関わる技術支援、情報のナレッジ化を推進。富士通のグループ企業の執行役員、代表取締役社長を務める。のちに現職。

  • 和田 政弘Engineer

    電気通信大学大学院修士(工学)。株式会社モルフォへ入社し携帯電話向け画像処理技術の開発に従事。その後、株式会社コロプラにてソーシャルゲームの開発・運用、テラリコン・インコーポレイテッド日本支店にて医療画像処理アルゴリズムの研究・開発に従事。のちに現職。

  • 瀧野 望Medical Business

    米国San Diego留学(International Business 専攻)後、国内システム会社にてWindows系インフラ構築、サイオステクノロジーにてオープンソース関連の新規製品事業、システム構築の営業を担当。CTCライフサイエンスにて医薬品の研究開発および医療分野における新規ソフトウエアのビジネス開発に従事。その後SAS Institute Japan、エイツーヘルスケアにて国内外のビジネス開発に従事。約10年間のライフサイエンス領域におけるソフトウエアの新規事業開発を経験。後に現職

  • デニス ロメロEngineer

    エクアドルEscuela Superior Politécnica del Litoral (ESPOL) 卒業。ブラジルのUniversidade Federal do Espírito Santoにて博士過程修了。ESPOLのCenter for Research, Development and Innovation of Computer Systemのメンバー及びPattern Recognition Research Groupのディレクターとして従事。2016年では、組織学的画像解析に関する研究に携わり、Microsoft Azure Research Sponsorshipを取得。

  • 福田 明広Engineer

    大阪大学大学院修士(保健学)。診療放射線技師。大学では、3次元OCT(光コヒーレンストモグラフィ)システムの開発や画像処理の研究を行う。その後、キヤノン株式会社にてカメラ向けの画像処理技術の研究開発に従事。のちに現職。

  • 山藤 あすかHR/PR Manager, Corporate

    北里大学医療工学科卒業後、診療放射線技師免許取得。筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻修士課程退学。大学病院にて、放射線業務に従事。のちに現職。

  • 村上 佳世RA/QA, Medical Business

    東北大学農学部応用生物化学科生体分子科学系卒業。化粧品会社にて健康食品の開発業務に従事した後、製薬会社において薬事業務に携わる。メルクセローノ社にて薬事申請及び業許可管理等の薬制薬事に従事したのち、ヤンセンファーマ社にて開発薬事業務を担当。海外で2年間の家事・育児を経て、アストラゼネカ社にて開発薬事業務に従事。のちに現職。

  • 龍 玲子RA/QA Manager, Medical Business

    早稲田大学文学部(哲学科)卒業。電機メーカーに勤務し、照明機器の取扱説明書・カタログ等の文書作成等に従事。その後外資系医療機器メーカーにて添付文書作成・管理、製造販売承認申請、QMS適合性調査等、薬事・品質関連業務を経験。のちに現職。

  • 北村 旭Engineer

    オーストラリア・クイーンズランド大学修士(情報工学)。研究テーマはSimple vs Deep CNN for Medical Text Categorisation。在学中、エルピクセルのインターンシップ生として深層学習を活用した医療画像解析等のプロジェクトに携わる。大学院修了後、現職。

  • 松田 祐希Deputy General Manager, Research and Development

    専門学校(情報処理)、大学卒業後、ソフトウェアエンジニアとして医療機器、産業機器、遊技機等の主に組み込み機器開発に携わる。組み込み機器開発以外にはwebサービスの開発やモバイル向けシステム、ツール開発等の業務を行う。直近では開発からマネジメントに軸足を移し、プロジェクトマネジメント、チームビルディング等に力を注ぐ。のちに、現職。

  • 大場 拓也Director, Medical Business

    弘前大学理学部物理学科卒。東芝メディカル入社。Toshiba America Medical Systems CT Business Groupへ異動し、CT新製品2機種の北米南米市場発売準備、RSNAデビュー、3D Work Stationリサーチ/OEM契約に従事。ACUSON Nippon(2001年SIEMENS Ultrasoundに買収)へ転職し、その後SIEMENS Ultrasound Marketing Directorを務める。Carestream Health Japanでは代表取締役社長を務め、アナログ製品からデジタル製品、Healthcare IT製品への事業転換を行う。のちに、現職。

  • 高宮 大策Manager, Corporate

    東京大学大学院修士課程修了(工学修士)。量子光学を専門分野とし、半導体量子ドットとフォトニック結晶を用いた光-電子相互作用の研究に従事。国際学会CLEO-PR2013ではBest Student/Young Scientist Awardを受賞。修士課程修了後ゴールドマン・サックス証券株式会社に入社し、クレジットアナリスト業務に従事。のちに現職。

  • 小熊 ひかりMedical Business

    カリフォルニア州立大学ロングビーチ校経済学部国際経済学科卒業。楽天株式会社へ入社し、楽天市場事業部ECコンサルタントとして従事。担当企業と売上目標を設定し、戦略プランニング、広告、SEO対策などのコンサルティングを行う。のちに現職。

  • 後藤 隆男Engineer

    宇都宮大学大学院工学研究科博士課程修了、博士(工学)。株式会社富士通研究所にて多チャンネルSQUID磁束計の研究に従事。その後、GEヘルスケアジャパン株式会社に入社、MRI装置のパルスシーケンス、マグネット及び勾配コイルの開発、機械学習を使った医用画像処理を用いてオペレータワークフローの改善に取り組む。のちに現職。

  • 宮川 哲Engineer

    東京理科大学大学院修了(工学)。誘電体多層膜光学フィルターの設計手法、ソフトウェア・シミュレーションによるその性能評価を研究。GEヘルスケア・ジャパン株式会社に入社後CTスキャナ、MRI画像装置のユーザー・インターフェース、ネットワーク、データベース、ハードウェア制御等のソフトウェア開発に携わる。インテグレータとしてグローバルなチームをリード、またアーキテクトとしてシステムの基本設計に従事。のちに現職。

  • 荒木 未来Engineer

    京都大学大学院修士(工学)。大学での研究テーマはマルチエージェント、最適化。卒業後大手電機メーカーに入社し、顔認識ソフトウエアの研究開発に従事。その後GEヘルスケア・ジャパン株式会社に入社。MRI画像処理ソフトウェアの開発に携わる。のちに現職。

  • 緒方 剛Director, Medical Business

    東京理科大学理工学部物理学科卒業。研究用ソフトウェア開発のベンチャー企業でソフトウェアを開発の全行程を担当。その後GEヘルスケア・ジャパン株式会社に入社し、CT主にソフトウェアの開発に携わり、アーキテクト、ソフトウェアエンジニアリングマネージャー、プリンシパルエンジニアを歴任。サプライヤーやグローバルチームを交えたプロジェクトをリードし、ソフトウェアを含めた高品質なCTシステム開発を実現する。のちに現職。

  • バン アーペルドレン, ナフールEngineer

    オランダDelft University of Technologyで生体機械工学を専攻し修士号を取得。大学院では人間の奥行認識に関する研究を行い、その一環として写真から3次元情報を再構築し、3Dプリンターでの出力を可能にするアルゴリズムを開発。アルゴリズムはライデン国立古代博物館に採用され、失われた文化遺産の再構築に貢献し、展示会はBest Exhibition of the Netherlands 2017を受賞。大学院修了後、現職。

  • 山田 謙太郎Doctor and Researcher

    防衛医科大学校博士課程修了。医学博士、放射線診断専門医、IVR専門医、PET核医学認定医。元航空自衛隊医官。防衛医科大学校病院放射線科にて研修、大学院博士課程修了の後、助教を経て2018年6月よりOregon Health & Science University、Charles T. Dotter Department of Interventional Radiology所属。航空自衛隊所属時は東日本大震災に際して航空自衛隊医療チームとして被災地への医療支援に従事。2015年欧州心臓血管IVR会議ではCum Laude受賞、同年日本磁気共鳴医学会総会では学術奨励賞受賞、他、学会受賞歴複数。専門は体幹部画像診断、IVR(画像下治療)。

Advisors

  • hasezawa

    馳澤 盛一郎Advisor

    東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)、日本学術振興会奨励研究員、東京大学教養学部・助手、成城短期大学・助教授、東京大学大学院理学系研究科・助教授を経て、東京大学大学院新領域創成科学研究科・教授(現職)

  • tomy_photo

    鎌田 富久Member of the Board

    東京大学大学院 理学系研究科情報科学 博士課程修了。理学博士。株式会社ACCESSの共同創業者。iモードなどのモバイルインターネットの技術革新を牽引。東京大学の学生時代に、情報家電・携帯電話向けソフトウェアを手がけるベンチャー企業ACCESSを荒川亨氏とともに設立(1984年)、東証マザーズに上場(2001年)、グローバルに積極的に事業を展開した。2011年に退任。2012年4月より、これまでの経験を活かし、TomyK Ltd. にて、革新技術で日本を元気にするベンチャー支援の活動をスタート。

  • 1-1

    朽名 一夫Patent Advisor

    元特許庁 審査第四部通信審査長、審判第20部門審判長

  • 緒方 憲太郎Auditor

    公認会計士。新日本監査法人に5年勤務し、大企業監査から上場準備支援まで実施。2014年トーマツベンチャーサポート(株)に参加、ベンチャー企業のハンズオン支援を中心に、300社を超える企業を支援。年間資金調達支援総額30億円越え、ベストアクセラレータを受賞。2016年社会に喜びを生む企業を増やすべく株式会社Delight Designを設立。

  • MR. POTE LEEInternational Adviser

    Mr. Pote Lee, a Bangkok based entrepreneur, is the Chairman of the iGroup (Asia Pacific) Ltd – a leading provider of research information resources and library technologies. From the mid 1980s, Lee has grown the iGroup into a multinational company with offices in sixteen countries. The iGroup also offers antiplagiarism solutions to academia and the publishing industry.

LPixelでは、志と行動力を持って世界を変えていく仲間を募集しています。

採用情報を見る