COMPANYメンバー

MEMBER

  • 島原写真

    島原 佑基Shimahara Yuki創業者/代表取締役(CEO)

    AWARD
    iGEM 銅賞
    INTERVIEW

    強い技術と確たるニーズ、勝てる東大発ベンチャー(日経デジタルヘルス)」「東大発、AI画像解析技術ソフトでがん検診が変わる(IoT news)

    東京大学大学院修士(生命科学)。大学ではMITで行われる合成生物学の大会iGEMに出場(銅賞)。研究テーマは人工光合成、のちに細胞小器官の画像解析とシミュレーション。グリー株式会社に入社し、事業戦略本部、のちに人事戦略部門に従事。他IT企業では海外事業開発部にて欧米・アジアの各社との業務提携契約等を推進。2014年3月に研究室のメンバー3名でエルピクセル株式会社創業。現在、医療画像診断支援システム「Eirl」、ライフサイエンス研究者向け画像解析ソフトウェア「IMACEL」開発をはじめ、研究者教育メディア運営など幅広く事業を展開している。始動 Next Innovator 2015(経済産業省)。

  • kutsuna140614

    朽名 夏麿Kutsuna Natsumaro技術アドバイザー(CTO)

    AWARD
    世界コンピュータ将棋選手権 第2位
    平成19年 日本植物学会 若手奨励賞。
    平成20年 第8回バイオビジネスコンペJAPAN 審査員特別賞。

    東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士課程修了。博士(生命科学)。現在、同研究科 特任准教授。平成13年度未踏ソフトウェア創造事業(IPA)に課題「物理化学を駆使した半経験的汎用細胞シミュレーション環境の開発」で採択。平成14年から平成25年まで世界コンピュータ将棋選手権にチーム「大槻将棋」として連続出場(最高第2位)。平成19年 日本植物学会 若手奨励賞。平成20年 第8回バイオビジネスコンペJAPAN 審査員特別賞。

  • 湖城 恵Kojo Kei共同創業者(Co-Founder)

    東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士課程修了。博士(生命科学)。学部から一貫してライブイメージング研究に従事。博士課程からは画像処理技術の開発にも着手。主な研究対象である植物培養細胞に加え、共同研究では陸上植物やショウジョウバエ等の画像処理を担当。研究の質と顕微鏡画像の美しさが評価され、複数の発表論文が国際誌の表紙を飾る。現在、日本学術振興会特別研究員 (PD) として画像処理技術の開発に従事。

  • 相阪 有理Aisaka Yuriチーフエンジニア(CE)

    東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。平成13年度未踏ソフトウェア創造事業(IPA)に課題「物理化学を駆使した半経験的汎用細胞シミュレーション環境の開発」で採択。数理物理学で博士号取得後、サンパウロ州立大学(ブラジル)、ドイツ電子シンクロトロン研究所(ドイツ)にて超弦理論の研究に従事。のちに現職。

  • 長野 智晃Nagano Tomoakiチーフエンジニア(CE)

    東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻 平成20年博士課程退学。同年、株式会社フィックスターズ(平成26年マザーズ上場)<入社し医療画像処理プログラムの高速化に従事、のちにプロジェクトリーダーを務める。その他、車載向け画像処理システムの開発に加え、電子顕微鏡、質量分析計、分光光度計などの計測器向けソフトウェアの開発に携わる。のちに現職。

  • 5.DSC_0642

    五十嵐 美樹Igarashi Miki経営企画本部 人事/広報 マネージャー

    上智大学理工学部機能創造理工学科卒業。高温超伝導体物質の薄膜化の研究を行う。株式会社東芝にて高速道路管制システムのセールスエンジニアに従事。在学時にミス理系コンテストでグランプリを獲得して以来、子ども向けの科学実験教室「みきらぼ」などの科学イベントを全国各地で主催。理系女子キャリアイベントの講師としても活動し、キャリア教育にも力を入れている。

  • DSC_07731_2-15

    中尾 悠基Nakao Yuki研究事業本部 セールスマネージャー

    東京理科大学大学院修了(工学)。材料工学、X線光学を専門分野とし、放射光を用いた軟組織の描画で世界最高分解能のX線暗視野光学系を開発。国際学会にて最優秀ポスター賞を受賞。商社に入社後、画像解析ソフトウェア、エレクトロニクス製品を扱う営業部門に約3年間従事。現職では企画・営業・開発サポートを担当。

  • DSC_10001_edited-1

    菅原 皓Sugawara Koメディカルエンジニア

    東京大学大学院博士(薬学)。薬剤師。一分子蛍光顕微鏡法を用いた細胞内mRNAのナノスケール局在・運動解析に従事。東京大学ライフイノベーション・リーディング大学院および東京大学医療イノベーションイニシアティブ修了。東京大学特任研究員。

  • 王 光輝Oh Koukiエンジニア

    横浜国立大学大学院修士(工学)。中国大連理工大学ソフトウェア工学部卒業後、保険システムや地図システム等の大規模システムの開発に3年従事。その後大学院では画像修復、モノクロ画像カラー化の研究を行う。修了後は凸版印刷(株)にてICカード発行システムの開発に従事。

  • 木田 智士Kida Satoshiエンジニア

    AWARD
    『Radiological Physics and Technology 優秀論文土井賞』受賞(2013年)。

    東京大学工学部 物理工学科卒。東京大学大学院医学系研究科 生体物理医学専攻にて博士(医学)取得。 東京大学医学部附属病院 放射線科, William Beaumont Hospital, University of California, DavisにてCT画像再構成・線量最適化の研究に従事。研究テーマは、医用画像工学全般。『Radiological Physics and Technology 優秀論文土井賞』受賞(2013年)。資格は、医学物理士、第1種放射線取扱主任者等。日本医学物理学会会員。

  • 上坂 高寛Uesaka Takahiro研究事業本部 ゼネラルマネージャー

    首都大学東京 産業技術大学院大学修了(技術経営修士 MOT)。Network-on-Chipの最適化に関する研究を行い、テーマはOASIS Network-on-Chip Topology Optimization with Short-Path Link。(株)アイスタイルにて課金事業の立上げ、新サービスの開発、自社メディアの共通認証基盤の構築などに従事。のちに現職。

  • 小川 兼司Ogawa Kenjiエンジニア

    総合研究大学院大学大学院博士課程終了(高エネルギー加速器科学研究科素粒子原子核専攻)。 国立台湾大学、国立交通大学(台湾)、中原大学(台湾)で博士後研究員として格子量子色力学のシミュレーションを用いた研究を行う。 後にネットスマイル株式会社、東京大学大学院工学系研究科にて深層学習、画像処理を用いたシステムの開発を行う。

  • 龍 嘉治Ryu Yoshiharu医師・研究員

    東京医科歯科大学大学院博士(医学)。中国清華大学学士(計算機)および東京大学大学院修士(電子工学)を修了しソフトウェア開発にも精通。国家医師免許、放射線診断専門医、核医学専門医、PET核医学認定医、マンモグラフィー読影認定医、肺がんCT検診認定医、胃がんX線検診資格、ECFMG、人間ドック健診専門医。非常勤でクリニックにて人間ドック健診に従事。

  • 髙橋 真利子Takahashi Mariko研究事業本部 グローバルセールスマネージャー

    カナダ・バンクーバー出身。ブリティッシュコロンビア大学(UBC)で農学部の栄養学を専攻。卒業後に来日し、日経企業にて人材採用や社内翻訳業務に関わる。後にIT企業に入社し、グローバルマーケティングを中心とした業務、また日英・英日文のローカライズを担当。現職では海外事業開発に従事。

  • 小林 正明Kobayashi Masaaki社長室室長

    東京大学工学部物理工学科卒業。富士通にてデジタル回路設計に従事。富士フイルムに転じて医療用デジタルX線装置(FCR)の開発に従事、その後米国駐在中FCRの営業技術活動を推進した際に医用画像情報システム(PACS)の市場性を知る。帰国後、国内の販売会社である富士フイルムメディカルに移り、PACS事業の立ち上げと事業拡大を推進し11年間取締役として勤務。のちに現職。

  • 豊則 詩帆Toyonori Shiho医療事業本部ゼネラルマネージャー

    東京大学大学院修士(環境学)。(株)リコーにて、MFPや高速印刷機の制御ソフトウェアの設計開発に従事。その後、ヘルスケア事業の立ち上げのため、事業戦略策定、および企業向け健康管理サービスの企画・マーケティングに従事。のちに現職。

  • 登内 亜弥Tonouchi Aya医療事業本部マネージャー

    金沢大学医学部中退、中央大学法学部法律学科卒業後、早稲田大学大学院法務研究科退学。研究テーマは、医療過誤訴訟における無過失補償制度。IT企業に入社し、人事系システム開発部門にてプログラマー、のちにERPパッケージ企画開発部門にてプロジェクトリーダーを務める。出向先ではプロジェクトマネージャーとして大規模クラウドサービスの新規事業企画からリリース・運用保守まで一貫して携わる。のちに現職。

顧問

  • hasezawa

    馳澤 盛一郎Seiichiro Hasezawa顧問(Advisor)

    東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)、日本学術振興会奨励研究員、東京大学教養学部・助手、成城短期大学・助教授、東京大学大学院理学系研究科・助教授を経て、東京大学大学院新領域創成科学研究科・教授(現職)

  • tomy_photo

    鎌田 富久Tomihisa Kamada顧問(Advisor)

    東京大学大学院 理学系研究科情報科学 博士課程修了。理学博士。株式会社ACCESSの共同創業者。iモードなどのモバイルインターネットの技術革新を牽引。東京大学の学生時代に、情報家電・携帯電話向けソフトウェアを手がけるベンチャー企業ACCESSを荒川亨氏とともに設立(1984年)、東証マザーズに上場(2001年)、グローバルに積極的に事業を展開した。2011年に退任。2012年4月より、これまでの経験を活かし、TomyK Ltd. にて、革新技術で日本を元気にするベンチャー支援の活動をスタート。

  • 1-1

    朽名 一夫Ichio Kutsuna特許顧問(Patent Advisor)

    元特許庁 審査第四部通信審査長、審判第20部門審判長

  • 緒方 憲太郎Kentaro Ogata顧問(Advisor)

    公認会計士。新日本監査法人に5年勤務し、大企業監査から上場準備支援まで実施。2014年トーマツベンチャーサポート(株)に参加、ベンチャー企業のハンズオン支援を中心に、300社を超える企業を支援。年間資金調達支援総額30億円越え、ベストアクセラレータを受賞。2016年社会に喜びを生む企業を増やすべく株式会社Delight Designを設立。

  • MR. POTE LEEInternational Adviser

    Mr. Pote Lee, a Bangkok based entrepreneur, is the Chairman of the iGroup (Asia Pacific) Ltd – a leading provider of research information resources and library technologies. From the mid 1980s, Lee has grown the iGroup into a multinational company with offices in sixteen countries. The iGroup also offers antiplagiarism solutions to academia and the publishing industry.

他12名(医師・薬剤師・研究者・エンジニアなど)※非常勤含む

LPixelでは、志と行動力を持って世界を変えていく仲間を募集しています。

採用情報を見る