LP-exam Online(Free) 

下部の利用規約に同意の上ご利用ください。

【STEP1/3】


【STEP2/3】


【STEP3/3】

解析結果の公開を許可する

解析結果カタログ に解析例として掲載させていただく場合があります )。


使用例

STAP細胞に関する電気泳動画像の分析例

画像加工が指摘されているSTAP細胞に関する画像(*注1)について、LP-examで分析した結果、以下のように、明らかに不自然な箇所が見つかります。

1-9
※クリックすると拡大します

上記の画像について

(1)原画像(微調整あり) (2)明暗反転画像 (3)カラーマップ画像
(4)~(6)段階的なコントラスト強調(弱(4), 中(5), 強(6))
(7)~(9)段階的な高域通過処理(スケール 小(7), 中(8), 大(9))
画像の不正(*注2)となりうる加工が行われた場合以下のような現象が観察される。
(4)~(6)… 切り貼りがされた箇所全体(赤枠内)が目立って見える。
(7)~(9) … 連続的な直線(青枠内:黒色直線)が見えるようになる。
(3) … 一つのバンドが全て同じ色に見えることもある。
上記のSTAP細胞に関する電気泳動画像の分析では、(4)~(9)の結果により、他の実験結果の写真を長方形に切り取り、赤枠内にその写真を貼りつけた様子がうかがえます。

*注1) 小保方氏等の Nature 論文 “Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency” (http://www.nature.com/nature/journal/v505/n7485/full/nature12968.html) Fig. 1iの画像を使っています。
*注2) 画像不正の詳細な定義
生命科学分野で扱われる画像には撮影装置や光学的現象に由来する様々なノイズが含まれています。そのため、画像に対して一連の画像処理 (コントラスト調整やノイズ除去) を施すことは、実験データを簡潔かつ明瞭に説明するために必要なことがあります。しかし画像処理を施した場合、論文中に「施した画像処理」 および 「使用した画像処理ソフトウェア」 の記述が厳密に求められています。英科学雑誌「ネイチャー」の投稿規定によると、

  • 施した画像処理は論文中で明言する
  • 処理は画像全体に対して行ない、画像の一部分だけに画像処理を施してはならない
  • 実験データが隠れるほどの過大なコントラスト調整を施してはならない

等、画像処理に対する規定が厳密に定められています(http://www.nature.com/authors/policies/image.html) 。多くの科学雑誌は画像処理に対して同様の投稿規定を定めています。したがって、画像中に 「切り貼りされた跡」 があり 「画像処理を施したことが論文中に明言」されていない場合、画像不正に該当すると考えられます。

解析の様子の例(動画)


LP-exam による解析結果カタログ / Album

※ユーザーの方が解析した結果をご覧いただけます。
※解析結果の許諾があり出典が明示されている画像から、随時追加予定です。


特徴

▼LP-exam Ver.1オンライン版

○独自のアルゴリズムを用いた画像の不正検出に特化したソフトウェア
・画像の明暗反転 … 暗色(収縮色)背景と明色(膨張色)背景では画像全体の印象が異なるので、画像の客観的な識別に有効である。
・カラーマップ画像 … 輝度分布の視認性に優れ、モノクロ表示ではわかりにくい明るさの違いが鮮明になる。
・段階的コントラスト強調 … 切り貼りされた箇所は周囲のピクセルと輝度が異なる場合が多いため、段階的にコントラストを調整することで、輝度の変化がより明確に検出できる。
・高域通過処理 … 高域通過処理により、画像上目立たない明るさの変化を強調し浮かびあがらせる。
○簡単操作で画像の切り貼りや加工などの不自然な箇所がないかを検出
○対象画像ファイルはPNG、BMP、TIFF、JPEG、PDFと幅広く対応
○以下の機能も開発中
・不正コピー検出機能
・画像種類選択機能(MRI、電子顕微鏡写真等)
・不正加工の危険性判定ならびにスクリーニング機能
※オフライン版(未公開)ではオンラインでは実装できないより高度な解析が可能です。

▼Ver.1.01(2014/4/18)

○GIFファイルにも対応致しました。

○解析結果の公開の可否について選択できるようになりました。

→公開を許諾して頂くと、弊社が解析結果を別途使用することがあります。

▼Ver.1.02(2014/4/18)

○解析結果をFacebook、Twitterで共有できるようになりました。

※古いファイルから順に削除されますのでご了承下さい。

▼Ver.1.03(2014/4/19)

○公開を許諾頂いた写真の一部をまとめた「解析結果カタログ」を追加致しました。

○解析結果画面から「LP-exam」への遷移ボタンを追加致しました。

○解析結果をFacebookでシェアしたときのUIを改善致しました。

※古いファイルから順に削除されますのでご了承下さい。 


利用規約

当サイトの利用については、利用規約に必ず同意頂き、ご利用ください。

  • 本サービスLP-exam(Ver.1)を利用される方は利用規約に同意したものとみなされます。
  • エルピクセル株式会社(以下、LPixel)は、結果に一切の責任をもちませんのでご了承ください。
  • あくまで利用者の責任で使用するものとし、LPixelはいかなる損害も保証致しませんのでご了承の上ご使用ください。
  • 商用目的又はそれに準ずる目的に使用する場合は、別途LPixelの許諾、契約が必要となります。
  • 結果を対外的に公表する場合には、「LPixel社のLP-exam分析結果」とご明記下さい。
  • 第三者に嫌悪感を与えるまたは公序良俗に反する画像の解析を禁止致します。
  • 本サービスでLPixelが得られた情報はLPixelが管理し、利用できるものと致しますのでご了承ください。
  • 事前の通知を無くして、機能追加や別バージョンの提供、ないしはサービスを停止、中止することがございます。
  • 機能改善、不具合については、LPixelに協力して頂きますようお願い致します。

翻訳者

  • 佐野 行己(東京大学)
  • Ira Horecka, University of California, Santa Cruz

READY FOR?
本サービス(オンライン版)はクラウドファンディングで募った資金で運営しております。
【謝辞】※ReadyForの出資者の皆様 (敬称略・五十音順)

  • あやか
  • 泉川啓太
  • 井石 彩
  • 稲田のりこ
  • 今井福司
  • 佐藤誠一
  • 世界遺産九条
  • 谷垣 洸哉
  • 高橋真哉
  • 中山太
  • 中島 孝幸
  • 富永 民雄
  • 馳澤盛一郎
  • 原 壮太
  • 濱田ゆかり
  • 久田洋平
  • 藤井良章
  • 牧之段 浩平
  • 松田尚大
  • 松尾 豊
  • みきこうじ
  • 森岡和仁
  • 山城強
  • 吉田裕弥
  • 渡邉愛
  • akono
  • Asuka Kuwabara
  • Atsushi “JIMMY” Kawase
  • Brasil
  • chopper
  • iemon
  • Jun Dobashi
  • K. A.
  • RDI
  • Sachi
  • Shigenori Nonaka
  • Smith
  • TOM
  • Tomo