概要

%e8%84%b3%e5%8b%95%e8%84%88%e7%98%a4   %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-02-15-16-19
MRIで撮影された脳のスライス画像    動脈部分を抽出して3次元画像化

 

ビックデータの問題は研究の世界にも起きています。 ビジネスの世界では続々と対策が実施されているものの、 研究分野、特に画像解析分野での対策はほとんどされていないままです。 単調な画像解析作業が増え続けることは、データを解釈・追及する時間を圧迫します。 本来有意なデータを見過ごすことが、既にあなたの周りに起きているかもしれません。 「研究者の無駄な作業時間を創造する時間に回してほしい。」 我々はそんな思いからこの事業を始めました。 既に100件以上の研究者の悩みに応え、研究者を強力にサポートしてきた画像解析技術が我々にはあります。 独自のアルゴリズム・機械学習の技術は、既に研究の世界で活かされています。 研究者の悩みを生物学と情報学の両方のバックグラウンドをもつ我々は、 それぞれのお悩みに合わせたオーダーメイドの画像解析ソフトウェアをワンストップで開発します。

製品紹介

応用分野

  • 基礎生物学
    • 細胞学: 動植物の細胞や組織の顕微鏡画像データ全般(光学,蛍光,電子顕微鏡)
    • 細胞骨格系のシミュレーション
    • 遺伝学,バイオインフォマティクス:: 塩基配列のデータベース検索の自動化
  • 製薬,薬学
    • ケミカルスクリーニング,リード化学物質評価,毒性評価
  • 農業,農学,植物工場
    • カメラ・スキャナ画像からの耐病性や形態形質(葉,茎,根)の定量化
  • 脳・行動科学
    • アルツハイマー研究,神経伝達,マウスの追跡と体表温度変化
  • 物性科学
    • 合金材料の走査電顕像の解析
  •  医学
    • 脳動脈瘤、病理画像の解析、がん細胞の種別の判定

技術シーズ

  • 細胞の立体形状の解析
    • 立体再構築,輝度分布解析,可視化,体積・表面積の定量
  • 細胞内構造の動きの解析
    • 膜系,細胞骨格,染色体,小胞体,エンドソーム
  • 繊維状構造の抽出と定量
    • 細胞骨格系・細胞壁の密度,配向角度,平行度
  • 膜状構造の抽出と定量
    • 細胞膜・液胞膜の輝度解析
  • DNA/RNA シーケンス情報の解析
    • データベース上での網羅的探索
  • 脳組織の解析
    • 老人斑(アルツハイマー病患者に見られる組織学的構造)の定量解析
    • 神経伝達過程の解析(代表波形の取得,組織の自動領域分割)
  • 自動撮影,自動結合
    • 電子顕微鏡の自動制御によるオーバーナイト撮影,数万枚の自動結合
  • 自動分類,自動探索
    • ガン組織 MRI データ,細胞周期,網膜組織
  • 形状,分布,局在,共局在の解析
    • 果実や葉の耐病性評価,生長解析,オルガネラの細胞内分布 他

>>技術紹介

 

共同研究やご購入につきましては、弊社 サポート窓口(contact@lpixel.net)までお問い合わせください。

開発・販売元:エルピクセル株式会社