BRAIN PRINT

 

SCROLL

2015/04/20

  • お知らせ

2015 Adobe Education Forumを弊社が共催し登壇します。

AEF15
2015年6月3日に開催される「2015 Adobe Education Forum」にて弊社が共催し、登壇いたします。研究を推進する画像処理スキル教育の重要性についてお伝えさせていただきます。
 
▼イベントページ引用
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
研究推進セッション:画像不正を防ぎ、研究を推進する画像処理スキル教育
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生命科学分野では、得られた原画像を客観的・定量的に評価するためには、画像処理を活用することは必須です。一方で、一連の画像不正の事件により、学生や院生が「画像処理はしてはいけない」「恐ろしいので、そもそも画像処理は控える」と誤解するケースが増えています。このような誤解は、非効率・無駄な研究、研究者としての素養に対する疑念を誘発しかねません。
このセッションでは、Adobe Photoshop CCを標準化することで、研究画像を処理する知識とスキル向上、効率的そして成果を出す研究の促進を提案します。

1. 研究の信頼性への課題 (全体像と問題提起)
2. 課題対応への提案
・画像不正と見られないための画像処理
・画像処理スキルの必要性

登壇者:エルピクセル株式会社 島原佑基 氏、湖城恵 氏、アドビ システムズ 株式会社
対 象:研究推進担当理事・教授、学部長(理工学部、医学部)、研究推進課職員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
詳細、お申し込みは以下のページにてご確認いただけます。
http://www.adobe-education.com/jp/aef/
 
これらもエルピクセルは、研究画像を処理する知識とスキル向上のための教育活動を展開してまいります。

PRODUCTS

プロダクト

EIRL
未来の医療診断をリードする技術
多様な医療画像を解析し、効率的で正確な診断を実現。
これからの質の高い医療を支える技術として
医師に寄り添うパートナーを目指します。
IMACEL
あなたの研究を加速するAI
膨大な画像解析処理を、高度な知識なく実行。
研究者が研究に没頭できる環境をつくり
研究の進展を後押しします。

JOINT RESEARCH

PARTNERS

五十音順

CAREERS

研究者に、第三のキャリアを。

エルピクセル株式会社