BRAIN PRINT

 

SCROLL

2019/05/10

  • お知らせ

東京大学大学院農学生命科学研究科にて、弊社登内・榊原が実習形式の講義を開講します

2019年5月14日(火)に東京大学大学院農学生命科学研究科 アグリバイオインフォマティクス教育研究プログラムにおいて「Pythonを用いた植物画像解析」に関し弊社登内・榊原が実習形式の講義を開講します。

【フィールドインフォマティクス講義の目的・概要】
耕地や農業施設等のフィールドにおける植物生産の量と質は、作物のゲノム情報のみで一義的に決まるのではなく、時間的空間的に変化する環境条件、土壌条件、および微生物等との相互作用の結果として決定しています。現在、ドローンや圃場環境センサーをはじめとする種々の観測装置が発達し、圃場全体からビッグデータが生成・収集されています。一方で、分析機器の高度化により、フィールド栽培植物を対象としたゲノム・トランスクリプトーム・メタボローム・イオノームやマイクロバイオームなどの膨大なオミクス情報が蓄積されています。これらの情報を最大限に活用した育種、および生産の効率化・最適化を実現するために必要となるフィールドインフォマティクスの理論と技術を実習形式で解説します。

本プログラムでは、主な受講者を東京大学の大学院生(修士・博士課程)としておりますが、定員に余裕があればそれ以外の一般の方(他大学の学生、企業の研究者、ポスドクなど)も受講可能です。
※参加費無料、講義当日16:30までに事前参加登録必須

講義ページ
▼お申し込み方法
1〜5を明記の上、info@iu.a.u-tokyo.ac.jp(東京大学大学院農学生命科学研究科 アグリバイオインフォマティクス教育研究プログラム 事務局 )までご連絡をお願いいたします。
1.氏名
2.氏名英語表記
3.所属
4.E-mail
5.メーリングリストの送付拒否or送付可

▼日時
2019/5/14(火) 19:00-20:30
▼場所
東京大学弥生キャンパス
農学部2号館2階化学第一講義室

〒113-8657
東京都文京区弥生1-1-1農学部2号館2階化学第一講義室

【エルピクセル株式会社について】
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持つ東京大学発のベンチャー企業です。医療・製薬・農業などのライフサイエンス領域に対して画像解析技術とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウエアを開発してきました。現在、東京大学や国立がん研究センターをはじめ複数の医療機関と連携し、人工知能を活用した医療画像診断支援技術EIRL(エイル)の研究開発も進めています。

【本件に関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社
広報担当TEL:03-6259-1713
Email:pr@lpixel.net

PRODUCTS

プロダクト

EIRL
未来の医療診断をリードする技術
多様な医療画像を解析し、効率的で正確な診断を実現。
これからの質の高い医療を支える技術として
医師に寄り添うパートナーを目指します。
IMACEL
あなたの研究を加速するAI
膨大な画像解析処理を、高度な知識なく実行。
研究者が研究に没頭できる環境をつくり
研究の進展を後押しします。

JOINT RESEARCH

PARTNERS

五十音順

CAREERS

研究者に、第三のキャリアを。

エルピクセル株式会社