BRAIN PRINT

 

SCROLL

2020/11/16

  • お知らせ

「第48回日本救急医学会総会・学術集会」にて 頭蓋内病変画像診断支援システムの研究成果が採択

当社と頭蓋内病変の画像診断支援システムの共同研究を進めてきた大阪警察病院 ER・救命救急科 大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター 廣瀬 智也 医師が、2020年11月19日(木)、「第48回日本救急医学学会」で口演いたします。

【学会基本情報】
学会名:第48回日本救急医学会総会・学術集会
日時:2020年11月18日(水)〜20日(金)
会場:都ホテル 岐阜長良川 ほか
オンライン参加登録はこちら

【発表情報】
プログラム名:口演42 ER診療①
会場:都ホテル岐阜長良川 第7会場
日時:2020年11月19日(木)9:40~10:40
演題:人工知能を用いた救急外来における頭蓋内病変の画像診断支援システムの開発
発表者:大阪警察病院 ER・救命救急科 大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター  廣瀬 智也 医師

【AI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」について】
高度化するモダリティとともに、医療画像診断の作業は膨大化しています。AIを活用した独自のアルゴリズムによって、脳MRI、胸部X線などの医療画像情報を解析し、効率的で、正確な診断が出来る環境の提供を目指します。
EIRLプロダクトサイト(医療従事者向け):https://eirl.ai/ja/

【エルピクセル株式会社について】
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持ち、医療・製薬・農業分野において画像解析技術とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウエアを開発してまいりました。医師の診断を支援するAI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」、研究者・製薬企業に向けたAI画像解析プラットフォーム「IMACEL(イマセル)」を軸に事業を展開しています。

【本件に関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社 広報担当
TEL:03-6259-1713 Email:pr@lpixel.net

PRODUCTS

プロダクト

EIRL
未来の医療診断をリードする技術
多様な医療画像を解析し、効率的で正確な診断を実現。
これからの質の高い医療を支える技術として
医師に寄り添うパートナーを目指します。
IMACEL
あなたの研究を加速するAI
膨大な画像解析処理を、高度な知識なく実行。
研究者が研究に没頭できる環境をつくり
研究の進展を後押しします。

JOINT RESEARCH

PARTNERS

五十音順

CAREERS

研究者に、第三のキャリアを。

エルピクセル株式会社