BRAIN PRINT

 

SCROLL

2021/12/24

  • お知らせ

令和3年度厚生労働科学研究費事業 「AIを活用した医療機器の開発・研究におけるデータ利用の 実態把握と課題抽出に資する研究」、研究協力者着任のお知らせ

エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:鎌田富久、島原佑基)は、当社代表取締役 島原 佑基 が、令和3年度厚生労働科学研究費(臨床研究等 ICT 基盤構築-人工知能実装研究事業)「AIを活用した医療機器の開発・研究におけるデータ利用の実態把握と課題抽出に資する研究」の研究協力者となりましたことをお知らせいたします。
AI医療機器の開発において医療画像データの利用は要となりますが、個人情報保護の観点から適切な措置が求められることは、スピーディな開発という点において負担となる一面があります。データを提供いただく医療機関にとっても、個人情報保護法のガイドラインに沿ったデータ加工の経験が乏しく、提供の判断に慎重とならざるを得ません。こうした現状に対して、適切な法規制とスムーズな研究開発環境の構築に向け、AI医療機器だけでなく医療分野全体の利益に資するよう、議論に参画してまいります。

【研究概要】
・研究課題名
「AIを活用した医療機器の開発・研究におけるデータ利用の実態把握と課題抽出に資する研究」
・研究代表者
中野 壮陛(公益財団法人医療機器センター)
・研究事業予定期間
令和3年(2021年) 10月27日 ~令和4年(2022年) 3月31日
・研究の目的
本研究では、これまで明らかとなっていなかった AI 医療機器の開発および性能評価におけるデータ利用の国内外の実態調査を行い、わが国におけるデータ利用にあたっての課題抽出と整理を令和 3 年度末までに行う。これらを通して、AI 医療機器開発の加速化に資する医療データ活用指針のあり方を提供する。

【エルピクセル株式会社について】
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持ち、医療・製薬・農業分野において画像解析技術とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウエアを開発してまいりました。医師の診断を支援するAI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」、研究者・製薬企業に向けたAI画像解析プラットフォーム「IMACEL(イマセル)」を軸に事業を展開しています。

【本件に関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社 広報担当
TEL:03-6259-1713 Email:pr@lpixel.net

PRODUCTS

プロダクト

EIRL
未来の医療診断をリードする技術
多様な医療画像を解析し、効率的で正確な診断を実現。
これからの質の高い医療を支える技術として
医師に寄り添うパートナーを目指します。
IMACEL
あなたの研究を加速するAI
膨大な画像解析処理を、高度な知識なく実行。
研究者が研究に没頭できる環境をつくり
研究の進展を後押しします。

JOINT RESEARCH

PARTNERS

五十音順

CAREERS

研究者に、第三のキャリアを。

エルピクセル株式会社