BRAIN PRINT

 

SCROLL

2019/06/27

  • プレスリリース

画像診断ナショナルデータベース実現に向け、東京大学など7大学にアノテーション作成システムを導入

2019年6月27日()、エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:島原佑基、以下「エルピクセル」)は、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)が主導する「臨床研究等ICT基盤構築・人工知能実装研究事業」の一環である、画像診断ナショナルデータベース実現のための研究開発を行う7大学※に、アノテーション作成システムを導入いたしました。各大学が集積したCT(コンピューター断層撮影)画像などの医療画像に対し、アノテーション(画像が持つ情報の付与)を行うシステムを導入することで、本研究の進展に貢献してまいります。

また、エルピクセル は、本アノテーション作成システム(クラウド版)を一般販売いたします。

【画像診断ナショナルデータベース実現のための研究開発について】
全国の医療機関で撮影された医療画像データは、原則的に各医療機関内のみで運用されているため、互いにデータを参照し、活用することは困難です。本研究では、将来的に、他の医療機関の医療画像データを見ることができるシステム作りを目指しています。まずは、代表的な複数の医療機関のCT画像と診断レポートを匿名化し、セキュリティの高いネット回線を経由して、九州大学敷地内のサーバーに保存します。このデータを活用し、AI(人工知能)を活用した診断技術の開発、画像の定量化などの研究を進めます。

※ アノテーションシステム導入実績(順不同)
九州大学/順天堂大学/岡山大学/慶應義塾大学/大阪大学 /京都大学 /東京大学
※本システム導入にあたって協力いただいたパートナー企業
日本サード・パーティ株式会社

【アノテーション作成システムの特長】
1)基本アノテーション機能搭載
2)ブラウザ環境で場所を選ばず、どの端末からも複数名で使用可能
3)研究期間に合わせて契約期間を選択可能

                                                          ※アノテーション作成システムイメージ

 

【アノテーション作成システムに関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社 事業開発本部
TEL:03-6259-1713
もしくは、コンタクトフォームからご連絡ください。

【エルピクセル株式会社について】
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持つ東京大学発のベンチャー企業です。医療・製薬・農業などのライフサイエンス領域に対して画像解析技術とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウエアを開発してきました。現在、東京大学や国立がん研究センターをはじめ複数の医療機関と連携し、人工知能を活用した医療画像診断支援技術EIRL(エイル)の研究開発も進めています。

【日本サード・パーティ株式会社について】
日本サード・パーティ株式会社(JTP)は、日本に進出する海外のITベンダーやライフサイエンスメーカー向けに、テクニカルサービス、ヘルプデスク、トレーニングなどの技術サービスのアウトソーシングを提供する会社として、1987年に設立されました。ライフサイエンス分野においては、病院向けインテグレーションや、医療機器メーカー向け薬機法対応サービス、ラボ管理システム導入支援などを提供し、ライフサイエンス業界のIT活用の促進を支援しています。

【本件に関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社 広報担当
TEL:03-6259-1713
Email:pr@lpixel.net

PRODUCTS

プロダクト

EIRL
未来の医療診断をリードする技術
多様な医療画像を解析し、効率的で正確な診断を実現。
これからの質の高い医療を支える技術として
医師に寄り添うパートナーを目指します。
IMACEL
あなたの研究を加速するAI
膨大な画像解析処理を、高度な知識なく実行。
研究者が研究に没頭できる環境をつくり
研究の進展を後押しします。

JOINT RESEARCH

PARTNERS

五十音順

CAREERS

研究者に、第三のキャリアを。

エルピクセル株式会社