BRAIN PRINT

 

SCROLL

2020/06/01

  • お知らせ
  • プレスリリース

エムスリー社・NOBORI社が手がける医用画像診断支援AIプラットフォームにて「医用画像解析ソフトウェアEIRL aneurysm」のサービス提供を開始

エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:島原 佑基、鎌田 富久、以下「エルピクセル」)は、エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格、以下「エムスリー」)及び株式会社NOBORI(本社:東京都港区、代表取締役社長:依田 佳久、以下「NOBORI」)が手掛ける医用画像診断支援AIプラットフォーム事業において、業務提携を行うことを合意いたしました。本提携によりエルピクセルが開発、提供する深層学習を用いた医用画像解析ソフトウェアEIRL aneurysmを、エムスリーとNOBORIが提供する医用画像診断支援AIプラットフォームの第1号のサービスとして提供開始します。

1. EIRL aneurysmの概要
医用画像解析ソフトウェアEIRL aneurysmは、脳MRI画像から「脳動脈瘤」の疑いがある部分を自動で検出し、医師の診断支援を行うソフトウェアです。疾患部位を陽性と正しく判定する指標である「感度」において、医師単独で読影した場合の感度68.2 %に対し、本ソフトウェアを併用して読影した場合は感度77.2 %と診断精度の向上が認められ、深層学習を活用した脳MRI分野のプログラム医療機器として、2019年9月に薬事承認を取得いたしました。最終的な診断は医師が行いますが、本ソフトウェアを用いることで、医師の負荷を減らし、見逃しを防ぐことを目指します。
https://eirl.ai/ja/eirl-aneurysm/

2. 利用イメージ
今回、医用画像診断支援AIプラットフォーム上でEIRL aneurysmを提供開始することによりエムスリーエッジサーバー(※)を通じて簡単に脳MRI画像の診断支援サービスをご利用いただけます。今回の業務提携を通じて、エムスリー及びNOBORIとの連携を一層強化しながら、診療現場でのEIRL aneurysmの活用を促進し、診療に向き合う医師や患者の安心・安全への支援、そして効率的な医療の実現に貢献できるよう努めてまいります。
※ NOBORI Cube導入施設でも同様にご利用いただけます。

【エルピクセル株式会社について】
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持つベンチャー企業です。医療・製薬・農業などのライフサイエンス領域に対して画像解析技術とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウェアを開発してきました。現在、東京大学や国立がん研究センターをはじめ複数の医療機関と連携し、人工知能を活用したAI画像診断支援技術EIRL(エイル)の研究開発を進めています。

【エムスリー株式会社について】
日本の医師の約9割が登録している医療情報配信ポータルサイト「m3.com」を運営しており、製薬業界を中心にマーケティング支援サービスや治験支援サービス等を提供しています。また、米国、英国、中国など海外への事業展開も積極的に進めています。2017年4月にはM3AIラボを発足し、画像診断を含めたAI医療機器の開発支援など先端医療分野での事業拡大を推進しています。
エムスリー株式会社の詳細情報はhttps://corporate.m3.com/をご覧ください。

【株式会社NOBORIについて】
日本の医療クラウドサービスを牽引する企業で、1,000施設へのクラウドPACSと、700施設への遠隔画像診断用ITシステムのサービス提供を行っています。クラウドPACS市場では日本最大数の顧客、データ量を取り扱っており、これらの技術力を活かし、提携医療機関での医用画像、検査結果、お薬といった医療情報を、スマートフォンでいつでも参照できるPHRサービスもてがけています。医療情報をクラウド環境に安全に保管・共有・活用し、社会の集合知へと高めるためのITクラウドシステムを活用してAIプラットフォーム事業に取り組みます。
株式会社NOBORIの詳細情報はhttp://www.nobori.ltd/をご覧ください。
*2020年3月末時点

【本件に関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社 広報担当
TEL:03-6259-1713 Email:pr@lpixel.net

PRODUCTS

プロダクト

EIRL
未来の医療診断をリードする技術
多様な医療画像を解析し、効率的で正確な診断を実現。
これからの質の高い医療を支える技術として
医師に寄り添うパートナーを目指します。
IMACEL
あなたの研究を加速するAI
膨大な画像解析処理を、高度な知識なく実行。
研究者が研究に没頭できる環境をつくり
研究の進展を後押しします。

JOINT RESEARCH

PARTNERS

五十音順

CAREERS

研究者に、第三のキャリアを。

エルピクセル株式会社