BRAIN PRINT

 

SCROLL

2021/03/16

  • プレスリリース

自然言語解析AIを研究・開発するFRONTEO社と 認知症診断支援領域のAI開発に向けて共同研究を開始

エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:島原佑基、鎌田富久、以下 エルピクセル)は、株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本 正宏、以下 FRONTEO)と、認知症診断支援領域の医療AIソフトウェアの開発に向け、共同研究を開始いたしました。

エルピクセルでは、脳MRI画像から動脈瘤の候補点を検出し医師の読影をサポートする「EIRL Brain Aneurysm」[1]、胸部X線画像から肺結節の疑いがある候補域を検出し医師の診断をサポートする「EIRL Chest Nodule」[2]等を上市し臨床導入を進めるなど、AI画像診断支援技術に強みと実績を有しています。
一方、FRONTEOは、ライフサイエンス領域における自然言語解析技術を強みとし、論文探索AIシステム「Amanogawa」、創薬支援AIシステム「Cascade Eye」、転倒転落予測AIシステム「Coroban」など、創薬・医療のデジタライゼーションを推進するソリューションを開発・上市しています。さらに、2021年1月には第一種医療機器製造販売業許可を取得し、薬事承認が得られれば言語系AI医療機器として世界初となる「会話型 認知症診断支援システム」を軸に、言語系AI医療機器の研究開発を進めています。

本研究では、FRONTEOが有する自然言語解析AI技術とエルピクセルが有する画像解析AI技術を掛け合わせることで、新たな医療AIソフトウェアの開発を目指します。日々、膨大な医療データが蓄積される診断・治療・予防・モニタリングなど、両AI技術が貢献できる領域は幅広く、その皮切りとして、認知症診断支援領域のAIソフトウェア開発に取り組んでまいります。

[1]承認番号:30100BZX00142000 販売名:医用画像解析ソフトウェア EIRL aneurysm
[2]承認番号:30200BZX00269000 販売明:医用画像解析ソフトウェア EIRL X-Ray Lung nodule

【自然言語解析AI「Concept Encoder」について】
「Concept Encoder(登録商標:conceptencoder、読み:コンセプト・エンコーダー)」は、FRONTEOがライフサイエンス分野に特化して開発した自然言語解析AI(人工知能)です。自由記述のテキストデータを大量に含むメディカルデータを、エビデンスに基づいて有効に解析・活用することを目的に2018年に開発しました。「Concept Encoder」はテキスト以外のデータとの共解析も可能であり、ライフサイエンス領域に蓄積されてきた遺伝子発現情報・バイタルや各種検査値などの数値データとの共解析の研究を進めています。 特許登録番号:特許第6346367号
URL:https://lifescience.fronteo.com/technology/conceptencoder/

【株式会社 FRONTEO について】
FRONTEOは、自然言語処理に特化した自社開発AIエンジン「KIBIT」と「conceptencoder」を用いて膨大な量のテキストデータの中から意味のある重要な情報を抽出し、企業のビジネスを支援する、データ解析企業です。2003年8月の創業以来、企業の国際訴訟を支援する「eディスカバリ(電子証拠開示)」や、「デジタルフォレンジック調査」というリーガルテック事業をメインに、日本、米国、韓国、台湾とグローバルに事業を展開してきました。リーガルテック事業で培ったAI技術をもとに、2014年よりライフサイエンス分野、ビジネスインテリジェンス分野、OSINTへと事業のフィールドを拡大し、AIを用いて「テキストデータを知見に変える」ことで、創薬支援、認知症診断支援、金融・人事・営業支援など、様々な企業の課題解決に貢献しています。2007年6月26日東証マザーズ上場。2021年1月13日第一種医療機器製造販売業許可(許可番号:13B1X10350)を取得。資本金2,568,651千円(2020年3月31日現在)。
URL:https://www.fronteo.com/

【AI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」について】
高度化するモダリティとともに、医療画像診断の作業は膨大化しています。AIを活用した独自のアルゴリズムによって、脳MRI、胸部X線などの医療画像情報を解析し、効率的で、正確な診断が出来る環境の提供を目指します。
EIRLプロダクトサイト(医療従事者向け):https://eirl.ai/ja/

【エルピクセル株式会社について】
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持ち、医療・製薬・農業分野において、AI(人工知能)を活用した高精度のソフトウエアを開発してまいりました。AI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」、創薬を支援するAI画像解析ソリューション「IMACEL(イマセル)」を軸に事業を展開しています。

【本件に関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社 広報担当
TEL:03-6259-1713 Email:pr@lpixel.net

PRODUCTS

プロダクト

EIRL
未来の医療診断をリードする技術
多様な医療画像を解析し、効率的で正確な診断を実現。
これからの質の高い医療を支える技術として
医師に寄り添うパートナーを目指します。
IMACEL
あなたの研究を加速するAI
膨大な画像解析処理を、高度な知識なく実行。
研究者が研究に没頭できる環境をつくり
研究の進展を後押しします。

JOINT RESEARCH

PARTNERS

五十音順

CAREERS

研究者に、第三のキャリアを。

エルピクセル株式会社