BRAIN PRINT

 

SCROLL

RESEARCH

研究事例

ライフサイエンスと画像解析を背景にした独自の技術を生かし、
さまざまな研究を行なってまいりました。

Deep Learningを用いた
脳動脈瘤検出アルゴリズム
大阪市立大学の植田先生と共同で深層学習を用いたAIによる脳動脈瘤検出アルゴリズムの開発及び検証。1271枚のMRA画像(1477個の脳動脈瘤)を対象に深層学習を用いてアルゴリズムを開発し、検証を行った結果、92%の自動検出に成功。放射線科医による単独読影と比較して、アルゴリズムの補助下での放射線科医の読影では脳動脈瘤の検出数は5~10%程度上昇。
  • 関連論文
    Deep Learning for MR Angiography: Automated Detection of Cerebral Aneurysms
  • Author
    Daiju Ueda, Akira Yamamoto, Masataka Nishimori, Taro Shimono, Satoshi Doishita, Akitoshi Shimazaki, Yutaka Katayama, Shinya Fukumoto, Choppin Antoine, Yuki Shimahara, Yukio Miki
  • Journal
    Radiology (DOI: 10.1148/radiol.2018180901)
  • Year
    2018
  • 関連論文
    Deep Learning for MR Angiography: Automated Detection of Cerebral Aneurysms
  • Author
    Daiju Ueda, Akira Yamamoto, Masataka Nishimori, Taro Shimono, Satoshi Doishita, Akitoshi Shimazaki, Yutaka Katayama, Shinya Fukumoto, Choppin Antoine, Yuki Shimahara, Yukio Miki
  • Journal
    Radiology (DOI: 10.1148/radiol.2018180901)
  • Year
    2018

生物画像自動分類ソフトウェア CARTA
東京理科大学の松永先生、国立がん研究センター藤井先生と共同でさまざまな撮像機器に搭載できる画像自動分類ソフトウェア「CARTA」を開発。CARTAは、専門家の意見を取り入れて学習を繰り返すことができる能動学習型ソフトウェアで、目的別に抽出したい画像を分類できるほか、人が認識することが難しい微妙な特徴の違いに基づいた分類が可能。
  • 関連論文
    Active learning framework with iterative clustering for bioimage classification
  • Author
    Natsumaro Kutsuna, Takumi Higaki, Sachihiro Matsunaga, Tomoshi Otsuki, Masayuki Yamaguchi, Hirofumi Fujii, Seiichiro Hasezawa
  • Journal
    Nature Communications volume 3, Article number: 1032. DOI: 10.1038/ncomms2030
  • Year
    2012
  • 関連論文
    Active learning framework with iterative clustering for bioimage classification
  • Author
    Natsumaro Kutsuna, Takumi Higaki, Sachihiro Matsunaga, Tomoshi Otsuki, Masayuki Yamaguchi, Hirofumi Fujii, Seiichiro Hasezawa
  • Journal
    Nature Communications volume 3, Article number: 1032. DOI: 10.1038/ncomms2030
  • Year
    2012
電子顕微鏡写真における
機械学習を用いた細胞の定量
東京健康長寿医療センター研究所の佐々木先生、石渡先生と共同で、繊毛保有細胞の割合がABCG2陽性細胞群で増加していることを電子顕微鏡写真にて定量的に評価するために、機械学習を用いた分類を実施。矩形切り出しをした個々の細胞画像を用いて繊毛保有細胞とそれ以外の細胞の2クラスを学習させ、ABCG2陽性とABCG2陰性細胞群においてそれぞれのクラスに分類される細胞画像の割合を定量化。
  • 関連論文
    Stemness and anti-cancer drug resistance in ABCG2 highly expressed pancreatic cancer is induced on 3D-culture condition
  • Author
    Norihiko Sasaki, Toshiyuki Ishiwata, Fumio Hasegawa, Masaki Michishita, Hiroki Kawai, Yoko Matsuda, Tomio Arai, Naoshi Ishikawa, Junko Aida, Kaiyo Takubo, Masashi Toyoda
  • Journal
    Cancer Science (DOI: 10.1111/cas.13533)
  • Year
    2018
  • 関連論文
    Stemness and anti-cancer drug resistance in ABCG2 highly expressed pancreatic cancer is induced on 3D-culture condition
  • Author
    Norihiko Sasaki, Toshiyuki Ishiwata, Fumio Hasegawa, Masaki Michishita, Hiroki Kawai, Yoko Matsuda, Tomio Arai, Naoshi Ishikawa, Junko Aida, Kaiyo Takubo, Masashi Toyoda
  • Journal
    Cancer Science (DOI: 10.1111/cas.13533)
  • Year
    2018

広域透過電顕像自動取得システムの開発と応用
理化学研究所環境資源科学研究センター豊岡先生、日本女子大学物質生物科学科永田先生らと共同で電顕画像の撮影・結合の自動化と領域探索を行うソフトウェア群を開発。
  • 関連論文(左)
    Wide-Range High-Resolution Transmission Electron Microscopy Reveals Morphological and Distributional Changes of Endomembrane Compartments during Log to Stationary Transition of Growth Phase in Tobacco BY-2 Cells
  • Author
    Kiminori Toyooka, Mayuko Sato, Natsumaro Kutsuna, Takumi Higaki, Fumie Sawaki, Mayumi Wakazaki, Yumi Goto, Seiichiro Hasezawa, Noriko Nagata, Ken Matsuoka
  • Journal
    Plant and Cell Physiology 55: 1544-1555
  • Year
    2014
  • 関連論文(右)
    高圧凍結技法を取り入れた広域透過電顕像自動取得システムの開発とその応用
  • Author
    豊岡 公徳, 佐藤 繭子, 朽名 夏麿, 永田 典子
  • Journal
    Plant Morphology 26: 3-8
  • Year
    2014
  • 関連論文(左)
    Wide-Range High-Resolution Transmission Electron Microscopy Reveals Morphological and Distributional Changes of Endomembrane Compartments during Log to Stationary Transition of Growth Phase in Tobacco BY-2 Cells
  • Author
    Kiminori Toyooka, Mayuko Sato, Natsumaro Kutsuna, Takumi Higaki, Fumie Sawaki, Mayumi Wakazaki, Yumi Goto, Seiichiro Hasezawa, Noriko Nagata, Ken Matsuoka
  • Journal
    Plant and Cell Physiology 55: 1544-1555
  • Year
    2014
  • 関連論文(右)
    高圧凍結技法を取り入れた広域透過電顕像自動取得システムの開発とその応用
  • Author
    豊岡 公徳, 佐藤 繭子, 朽名 夏麿, 永田 典子
  • Journal
    Plant Morphology 26: 3-8
  • Year
    2014
イネの生長解析, 形態形質の定量化
香川大学の杉田(小西)先生と共同でイネの生長過程を定量化するための多角的撮影と画像解析法の開発。
  • 関連論文
    イネの生長過程を定量化するための多角的撮影と画像解析法の開発
  • Author
    朽名夏麿, 川田亮太, 杉田(小西)左江子, 馳澤盛一郎
  • Journal
    日本植物学会第78回大会
  • Year
    2014
  • 関連論文
    イネの生長過程を定量化するための多角的撮影と画像解析法の開発
  • Author
    朽名夏麿, 川田亮太, 杉田(小西)左江子, 馳澤盛一郎
  • Journal
    日本植物学会第78回大会
  • Year
    2014

PRODUCTS

プロダクト

EIRL
未来の医療診断をリードする技術
多様な医療画像を解析し、効率的で正確な診断を実現。
これからの質の高い医療を支える技術として
医師に寄り添うパートナーを目指します。
IMACEL
あなたの研究を加速するAI
膨大な画像解析処理を、高度な知識なく実行。
研究者が研究に没頭できる環境をつくり
研究の進展を後押しします。

JOINT RESEARCH

PARTNERS

五十音順

CAREERS

研究者に、第三のキャリアを。

エルピクセル株式会社