BRAIN PRINT

 

SCROLL

2019/10/24

  • お知らせ

「MICCAI 2019」にエルピクセル福田が登壇し、大腸内視鏡AIの開発成果を発表いたしました

2019年10月13日(日)、中国・深センで開催された「Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention(MICCAI)」のワークショップ「Domain Adaptation and Representation Transfer (DART)」にて、研究開発本部 エンジニア 福田 明広が大腸内視鏡AIに関する技術開発成果について発表いたしました。
MICCAIは、医用画像処理、コンピュータ支援外科等を取り扱う国際会議です。本ワークショプでは、病変表層の凹凸を際立たせ、内視鏡観察を補助する色素散布画像の画像生成技術による再現可能性および病変検出・鑑別機能に対する影響について、検討成果を発表いたしました。この研究により、教師データが集まりにくく精度向上が困難であった観察法下において、病変検出能力及び鑑別能力の双方を向上させることに成功いたしました。

▼演題
Generating Virtual Chromoendoscopic Images and Improving Detectability and Classification Performance of Endoscopic Lesions

▼学会詳細
https://www.miccai2019.org/

開発した大腸内視鏡AIは、複数の臨床環境下に試験設置し、現在も繰り返し精度検証を行っております。内視鏡医に比肩する精度を持つと評価された「病変検出支援機能」及び、現在開発を進めている「鑑別診断支援機能」と共に、今後もソフトウェアのさらなる改良に取り組んでまいります。施設数を拡大して実施した臨床研究の結果については、2019年10月19日(土)〜23日(水)、スペイン・バルセロナで開催される「欧州消化器病週間(UEGW: United European Gastroenterology Week)」にて発表いたしました。

【大腸内視鏡AIの研究開発について】
本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構革新的がん医療実用化研究事業「人工知能技術を用いた大腸内視鏡検査における病変検出・鑑別診断支援技術の開発」(研究代表者:炭山和毅 東京慈恵会医科大学教授)の支援を受け、東京慈恵会医科大学がエルピクセル株式会社(分担研究者)とともに実施しているものです。

▼関連情報
https://lpixel.net/news/press-release/2018/7506/
https://lpixel.net/news/information/2019/9468/
https://eirl.ai/ja/news/2019/07/31/578/

【エルピクセル株式会社について】
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持つ東京大学発のベンチャー企業です。医療・製薬・農業などのライフサイエンス領域に対して画像解析技術とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウエアを開発してきました。現在、東京大学や国立がん研究センターをはじめ複数の医療機関と連携し、人工知能を活用した医療画像診断支援技術EIRL(エイル)の研究開発も進めています。

【本件に関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社 広報担当
TEL:03-6259-1713 Email:pr@lpixel.net

PRODUCTS

プロダクト

EIRL
未来の医療診断をリードする技術
多様な医療画像を解析し、効率的で正確な診断を実現。
これからの質の高い医療を支える技術として
医師に寄り添うパートナーを目指します。
IMACEL
あなたの研究を加速するAI
膨大な画像解析処理を、高度な知識なく実行。
研究者が研究に没頭できる環境をつくり
研究の進展を後押しします。

JOINT RESEARCH

PARTNERS

五十音順

CAREERS

研究者に、第三のキャリアを。

エルピクセル株式会社